2005年11月13日日曜日

真空管アンプキットTU-879Sを作っちゃった


工作が簡単そうな真空管アンプキットに決めた。

タマも6L6GC,KT88,KT66,EL34に差替えられ、
ネットにも工作情報や改造例も多いことから、エレキットのTU-879Sにした。
http://www.elekit.co.jp/product/54552d38373953
音が出たときは感激でした。大成功\(^o^)/
綺麗な音で、ベールがとれたような感じです。
DENONは休眠してしまいました。^^;


標準出力管の「electoro-harmonix 6L6GC」です。
電源が入ると、頭が青白く光り感激!お~電子が飛んでる♪


標準初段管の「electoro-harmonix 12AX7A/ECC83」です。
これは、普通光らない管なのですが、
エレキットの絶妙な仕組みでオレンジ色に光ります。


ただ、標準仕様で作るのでは面白くありません。
ボリュームが音質を大きく左右するとのことなので、
自作では定番のALPSのミニデテントに替えました。



と言っても、単純には差替えられません。
ボリュームの大きさに合わせて、パターンぎりぎりまで削ってやっと入りました。





0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿